ぽつりぽつり

思いつくまま気のむくままに  (佐々木 彰 「面白半分」別館).

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩れてしまった町の読み方

 「○○町ってどう読むの?。○○まち、それとも○○ちょう?」
「それって何県の町?」
「えーとね、秋田県」
「あ、それならまちだよ」

 数年前まではこんな会話が成立した。「町」を「まち」と読むか「ちょう」と読むかという原則が整理されている都道府県が多かったからである。このことについては私のホームページ「面白半分」の「まちまちな町村の呼び方」で詳しく書いているのでご覧いただきたい。

 そこでは町だけでなく村の読み方(むら・そん)についても触れているのだが、ここではとりあえず町の呼び方を地図にまとめたものを掲載する。


 「町」の読み方で「まち」「ちょう」の2通りが混在している都道府県も少しはあるが、どちらかに統一されている地域のほうが多いというすっきりしたかたちであった。(平成10年頃のデータだったと思う)

 ところが平成17年をピークとした市町村合併によって、この原則が崩れてしまった。

 我が秋田県でも多くの合併が行われた。大きな地域が一つになる合併の場合は新市が誕生する例がほとんどだが、2・3の町村が合併する場合には合併後も「町」のままという例もある。

 それらの新町の町名がみな「○○ちょう」なのである。上の地図でもわかるように、これまで秋田県は、町を「まち」と呼んでいたのだから「○○ちょう」は原則崩しになる。

 これまでの原則を知っていて、あえて原則崩しをしたのだろうか?

 もし知らないでやったとしたら、あまりにも勉強不足で情けないことなのだが、まさかそれはないだろう。だとすれば、意識的に行ったことになる。これまでの古い「町」ではなく、平成の大合併によって生まれた新しい「町」という意識を持つために、意図的に「ちょう」という呼び方にしたというのであれば理解できなくもない。

 ただ、それについて県の行政当局と十分に協議を行ったのだろうか。あるいは県議会等で説明をして理解を得たのだろうか。

 「町」の呼び方についての法規はないかもしれないが、地区によって統一されていたということは、ある程度、慣習法のようなものもあったかもしれない。新しい町の町名が決まる際のいきさつについて、詳しい報道を聞いた記憶もないので、私には町の関係者だけで(表現は適切でないかもしれないが)勝手に町名を決めたような感じがする。秋田県の原則を変えるのだから、県民の共通理解が必要だったようにも思う。

 私個人としては、「○○県では町を『ちょう』と読む。△△県では『まち』と読む」のように、原則がすっきりしているほうが好きなので、今回、秋田県で崩れてしまったのは残念な気がする。(合併しない町は「○○まち」のままなので、結局、秋田県も「まち・ちょう混在型」になってしまった。)他の都道府県ではどんな具合なのだろうか。
スポンサーサイト

外付けDVD試用記

 最近のパソコンにはDVD用のドライブが付いているのが一般的である。それも読み出し(再生)だけでなく書き込み(記録)もできるタイプが普通になってきている。

 私が持っているパソコンでも1年程前に買ったノートタイプはDVDの読み書きが可能で書き込み速度も8倍速と快適に使える。特に「DVDシュリンク」というフリーソフトを知ってからはDVDビデオを有効に楽しめるようになったので(^^;)書き込みができるDVDドライブは必須のものとなっている。

 ところが自宅で使っているデスクトップ型のパソコンはWindowsXPモデルでDVDの書き込みもできるドライブが付いてはいるが、約3年程前の古い製品のため、DVDの書き込み速度が2倍速と遅く、使ってみるとかなりイライラする。

 また、家に置いているもっと古いパソコン(OSがWindowsMeのものや、Windows98の製品にXPをインストールしなおしたものなど)にはDVD対応ドライブが付いていないし、職場で使っている安価なノートパソコン(最新型のXPモデルではあるが)のDVDドライブはROMタイプなので再生はできるが書き込みはできない。

 これらのパソコンでDVDの書き込みができるようにならないかと、いろいろ探したらUSB接続で外付けのDVDマルチドライブがあることがわかった。DVDの再生も書き込みも可能なタイプである。しかも価格は1万円前後である。

 これは安い!。購入して試用して、ダメでもあきらめがつく。まずは入手して試してみよう。ということで、家電店で買ったのが下の画像の左側の製品であった。価格は9千円台。1万円で少々のおつりがきた。もちろんDVDドライブだけでなく、DVDを扱う作業に必要なソフトも添付されている。


 さて、このドライブだが、すぐに効果があったのは、職場で使っているノートパソコンであった。つまり「新型のXPモデルだが、安価なためDVDはROMドライブで、書き込みができない」機種である。

 このパソコンにUSBでつないで動作させたら、ドライブの性能の8倍速でちゃんと書き込むことができた。具体的にはDVDディスク1枚分の書き込みが約10分程度でできたのである。「書き込みができないタイプの新型パソコン」を持っている方には、外付けドライブは間違いなくお勧めである。

 次はちょっと古いXPモデルのデスクトップで実験である。このパソコンは内蔵のDVDドライブの書き込み速度が2倍速と遅いので、8倍速の外付けドライブをつないだら改善するのでは……と思ったのであった。

 ところが実際には内蔵ドライブよりも遅いという結果になってしまった。2倍速の内蔵ドライブで書き込むと30~40分程度時間がかかるのだが、USBの外付けドライブだと数時間もかかってしまうのだった。

 これは古いパソコンのUSBの接続端子が「USB1.1」の規格であることが影響していた。「USB1.1」の転送速度は12Mbpsである。外付けDVDドライブは「USB2.0」規格の接続で最高の性能を発揮することになっている。「USB2.0」の転送速度は480Mbpsである。実に40倍の差がある。

 外付けDVDドライブを「USB1.1」で接続しても動かないわけではないが、100%の性能を発揮させるには「USB2.0」で接続しないといけない。ところが、少し古いパソコンには「USB2.0」の接続端子がないのである。

 でも、あきらめる必要はない。古いパソコンを救ってくれる機器が発売されていた。「USB2.0」用の接続カードやボードがあるのだ。それが上の画像である。まん中がカードスロットに差し込むタイプの製品で、価格は約3千円。USBのコネクタが2つ付いている。右側はデスクトップパソコンに組み込むボードタイプの製品で、この価格はなんと1,300円。

 書き込みに数時間かかった前述の「ちょっと古いデスクトップパソコン」に「USB2.0」カードを差し込んでつないでみたら、8倍速の性能をフルに発揮して、10分程度で書き込みを完了した。

 ボードタイプは、6年以上も前に買った古~いパソコンに組み込んでみた。このパソコンはもともとWindows98モデルだったのだが、後でWindowsXPをインストールしなおしたものである。ボードを組み込まないで外付けDVDドライブをつなぎ、書き込みを行おうとしたら、「書き込み予想所要時間」が20数時間という絶望的な表示が出たので実験を中止した経緯がある(^^;)

 ボードを組み込んで実験してみたら、書き込みに1時間とちょっとかかった。もともとのマシンの古さが影響しているためか、快速というレベルではないが、まあまあ許容範囲ではないだろうか。もう少し新しいパソコンなら十分に使えると思うし、「USB2.0」端子がないデスクトップパソコンで、ボードを組み込む余裕があるならば、カードを使うよりも、価格も安くて見た目もすっきりするこの方法のほうがお勧めである。

 DVDの読み書きを高速でできる最新鋭のパソコンを持っているのが理想的だろうが、それができない4・5年前のパソコンを使っていたとしても、1万円程度の投資でかなり遊べるので、興味のある方はご検討いただきたい。なお、外付けDVDドライブは安い物だと8千円程度から、上は2万円程度まで売られているが、特別な作業などをしない場合は最安値の製品で全く問題はない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。